記事公開日

ディズニーリゾートライン・モノレールには2つのバーションが存在する!?旧モデルは動きが悪い

ディズニーリゾートライン・モノレール

先日、中古で購入したディズニーリゾートラインのモノレール。

「パンパンパン」という変な音を発するだけで、タイヤは回らない。

さっそく修理していたみたのですが、なぜかうまく直せません。

基本的に、プラレール車体が動かなくなるのは「ギアの破損」が原因。

割れたピニオンギア

今回も同様に3ヵ所のギアが割れていたので、交換。

ディズニーリゾートライン・モノレールを分解

異音は消え、タイヤも回るようになったものの、いざレールに乗せると、カーブに突っ掛かって止まってしまう。

全て分解して中身を確認するも、特に悪いところは見当たらない。

そこで、手持ちの同じモノレールを比べてみたところ・・・

なんと、造りが違うことに気付いた。

ディズニーリゾートライン・モノレールの新モデルと旧モデル

おそらく、モーターが搭載されている駆動車体が真ん中になっているのが最近バージョンのモデル。

今回修理を行ったのは、モーターが先頭になっているモデル。

おそらく、これは昔のモデルなんだと思う。

旧モデルは、カーブの曲がり具合に非常にシビアで、少しでもレールが歪んでいると、すぐに止まってしまう感じがある。

ためしに、旧モデルの方をミニ四駆のモーター(トルクチューンモーター)に交換してみたが、それでもカーブでの突っ掛かりは解消されず。

トルクチューンモーター

トルクチューンモーターは、強い馬力が特徴なので、上手くいくと思ったんですけどね。

ということで、仕方ないので後の車両だけを外して走らせてます。

ちなみに、最後尾の車両の真ん中にある車輪を外したら、多少はマシになりました。

この記事のURLをコピー

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

関連情報

運営者プロフィール
ガッタン

2歳の息子の為に買ったプラレールでしたが、気付いたら自分がドハマりしていました。美しく実用的なレイアウトを追い求める30代・2児の父。職業はIT系フリーランス。電子配線の業務経験あり。